無職のニートのクラチャイダムの効果研究室

冷えに関わる体の不調

hiesyou_woman最近かなり冷え込む日が増えてきました。冷え込んだかと思えば、急に暖かくなり、気温差が激しいとダイレクトに体調に響きますよね。自分は冷え性の自覚がありませんが、体が冷えた時、その後の体調に変化が現れます。気温が低い冬の日、クーラーで冷えすぎている夏のビル内にいる時など、体のどの部分が冷えるか思い返してみました。まず、冷えるのは手足、鼻も冷たくなってしまいます。鼻が冷えるのは意外と辛いです。特に冬の寒い日に口呼吸をすると、ノドにバイキンが入って風邪にかかるのは目に見えています。そのため極力鼻で呼吸をしたいのです。しかし鼻で呼吸をすると、耐えられないくらいに鼻が冷たくなってしまいます。鼻は顔の断面から突き出しているからでしょうか。あまりに寒いので、手で鼻を温めるしかありません。手で鼻を温めたら今度は呼吸がしづらくなります。こうなると鼻を温めることを諦めざるをえません。結局は鼻が冷たいままにしておきます。次に冷えて辛いのは足です。地面に一番近い体の部位ですし、足が冷えても外出している時などすぐに温めることはできません。だから足が冷えたら我慢してしまうのです。寒くなると血管が収縮して、末端に血液がいかなくなります。一番冷えてはいけない内臓部分に血流が優先されるという体の優れた機能ではありますが、何とか末端にも血液をしてほしいものです。足が冷えると、下半身も自動的に冷えることとなり、女性の場合子宮も収縮してお腹が痛くなることもあります。さらに追い打ちをかけるようにむくみも発生します。むくむと体内に余計な水分が滞ってしまうため、余計な水分によって体が温まりにくくなります。足が冷えるとろくなことはありません。寝る時にも足が冷えるのはつらいです。足が冷えて体が縮こまるので、リラックスして眠れません。体に力が入ってしまいます。靴下を履いて寝ると冷えはずいぶんと解消されますが、今度は足が温まりすぎて、足から蒸発すべき水分が靴下で遮断されるため何とも言えない気持ち悪さを感じます。最後に手の冷えについてです。体のどの部分が冷えても辛いですが、手も冷えると辛いですよね。冬の寒い日に手袋を忘れた日には、身も引き裂かれるくらいの寒さを感じます。手はどうにかポケットに入れたり、手袋をしたり冷え対策は比較的しやすいと思います。食器あらいをする時に、急に冷たい水に触れると心臓に悪いという情報もあるため、お湯を使うのですが、このお湯で手が荒れてささくれだらけになってしまいます。冷えを解消するための外からの対策は中々難しい場合があります。食べ物やサプリなどで、日ごろから冷えにくい体を作ることが大切ではないかと思います。体を温める様々な食材がありますが、サプリメントになっているクラチャイダムが冷え性改善に良いとのことです。クラチャイダムは黒生姜のことで、生姜が冷えに効くというのは一般的な知識ですよね。黒い生姜を実際に見たことはありませんが、内容を良く知らなくても、冷えに良いことは想像がつきます。体が冷えてから対策をしていたら、冷えをそのままにしてしまう可能性がありますが、冷えない体を作るために、運動や必要に応じて食物やサプリで補っていきたいものです。

Tags